社会保険労務士稲門会

早稲田大学OB・OGの社労士が集うホームページ

第7回・会員親睦日帰り旅行(浅草ちんや&浅草寺ツアー)
2018年6月23日(土)


2018年6月27日(土)、第7回会員親睦日帰りツアーとして「浅草ちんや&浅草寺ツアー」が実施されました(参加者15名)。浅草雷門そばのすき焼き「ちんや」は、住吉副会長のご実家でもあり、江戸時代は獣医であったことからこの屋号(狆屋)であるとのことですが、明治13年(早稲田大学創立の2年前)に料理屋を開き、明治36年にすき焼専門店になったという老舗の有名店。文明開化と共に一世を風靡した牛鍋の味を今も守り続けているお店で、138年もの伝統の味を堪能し、一同大いに満足いたしました。昼食後は、昨年11月に改修工事を終えた雷門から仲見世、宝蔵門を抜け、いよいよ浅草寺本堂へ。お寺では、住吉副会長から事前にお願いたお陰で、普段は一般の参拝客が見ることができない場所をお坊さんに案内していただきました。地下道を通り、五重塔地下の「絵馬堂」へ行くと、そこには江戸時代に奉納された大きな額の絵馬が展示されており、普段は一般公開していないのを、特別に案内していただきました。さらに伝法院庭園へ。小堀遠州作の回遊式庭園で、庭内の池は心字池といい、「心」という字を表しているとのこと。東京のど真中とは思えない静謐な場所でしみじみと心和まさせられ、さらに本堂である観音堂で参拝をし、記念品まで頂戴して浅草寺を辞去しました。引き続き、一同で浅草寺裏手の浅草神社に参って、そこでいったん解散としました。有志はその後、雨のホッピー通りを散策し、もんじゃ焼きのお店の軒下でホッピーなどをいただき、さらに、一部の有志は浅草六区「アミューズカフェシアター」にて浅草レヴュー「『虎姫一座』だ!〜キャンディーズづくし!!」を鑑賞しました。

浅草「ちんや」
  台東区浅草1-3-4
    (☎03-3841-0056)  

参加費:7,500円